作者別:

今日のピグマリオン

    ≪積み木の数≫

    ワークに印刷されている積み木の向きを、正面に向けて考えます。
    時々出てくる“いじわる問題”を見つけて
    「この後ろに積み木あるのかなあ?」「積んだらなかったよ」と、つぶやくような静かな会話。
    ワークの時は、相手に影響されずに、黙々と進めている2人です。(間々田幼稚園会場 小学1年生)

     

    ≪固まり、固まりで≫

    ピグマリオン教具のウッディブロック。
    「2と2で4」とブロックを2個とって、また2個とって合わせて4個にし、「1個多いのが5」と4個の隣に1個合わせて5の固まりを楽しそうに作っていくSちゃん。
    「3個と2個で5の固まり」をSちゃんが発見できるのが楽しみです!
    また、かたづけるのもひと工夫で、指先を刺激!
    例えば、親指と人指し指(両手)でブロックの両端をぎゅっとつまんで、5の固まりが崩れないように、持ち上げてかたづけます。はじめは、指先の力加減が難しく、なかなかうまくいきません。
    何度か挑戦しているうちに「先生、できたよ!」と、とても嬉しそうに5の固まりのまま、もちあげることができました。(那須塩原教室 年少組)

     

    《ひももようで、長さの実感も。》

    ピグマリオンの教具、ひももよう。
    お手本通りにひもを通していきますが、直線を一度にとらえて、ひもを通すことが大事です。点描写の図形パズル版。
    今回のお題は「へび」
    子どもたちは、まず全体を見て、直線(端から端)がどこにあるか見つけ、使うひもをいかに少なくするか、考えてから始めています。
    完成したら、最後のひもの残りの長さを計ります。
    ここで、誰が一番ひもを使わなかったのがわかるので、子どもたちはドキドキしながら、計っています。
    使ったひもの本数の長さから、最後のひもの残りの長さを引くと、完成までに使用したひもの長さがわかります。
    そして、その長さを、スケールを使って直線で長さを実感しています。(那須塩原教室:小学4年クラス)

     


    ≪じっくり考える≫

    真剣な顔で繰り上がりの足し算に挑戦中!9+9は、1あげると10+8と同じになるから?!わかった!答えは18!そんな心の声が聞こえてきます。(真岡ふたば幼稚園 年長組)


    ≪解決能力≫

    小学4年生のクラスは、先生は見守るのが一番の役目。自分の力で課題をどんどんクリア!!本当に頼もしい限り! (真岡ふたば幼稚園 小学4年生)

     

    ≪あわせて10!≫

    数能力では10までのたしざん・ひきざんに挑戦中の年長さん。
    今日は「あわせて10の神経衰弱ゲーム」です。
    「2だ」
    「じゃ8をさがすんだね」
    「10はラッキーガード、やったぁ」
    考えながら取り組む充実の時間はあっという間…
    「もう1回やろう!」
    元気な声がまた聞こえます。(真岡めばえ保育園・年長組)


    ≪カモシカパズル≫

    小学生コースが 始まって 3ヶ月、一年生になり、集中力、注意力も増し カモシカパズルの完成時間も 短くなりました。
    今日は この後に出てくる 4ナンバープレイスにチャレンジするのを 楽しみにして カモシカパズルにも 力が入っている 二人です!
    (岩曾教室 小学1年生)

     

    ≪ひももよう≫

    きょうは“ひももよう”をします。と言うと
    「やったー!」「ぬいぬい大好き!」ぬいぬいとは、縫い物の事。2人とも実際に針と糸で縫った経験は無いのですが、イメージは出来上がっています。きっと上手に縫えることでしょう。楽しいと思って取り組む活動は、集中力が違います。(間々田幼稚園会場 小学3年生)

     

    ≪達成感≫

    「せんせい あのね、きょうね」
    レッスン前のひと時、学校での出来事や家での様子など、話の花がいっぱい咲きます。
    しかし、レッスンが始まり、各自課題に取り組む時は黙々と真剣にすすめていきます。
    静けさの中「できた!」という達成感は子どもたちの表情に…
    なんとも言えない笑顔です。(真岡めばえ保育園会場 小1コース)

     

    皆さん「引っ張りだこ」の語源をご存じですか?
    このように大人も楽しめる本「目で見ることば」を各一般教室に置かせていただきました。
    普段何気なく便利に使っていることばも『それってどういう意味?』と聞かれると、『なんだろうね』と逆に質問したくなるようなことばってたくさんありますよね。 教室にお迎えなどでいらしたときにページをめくってみてください。
    面白いですよ!
    授業の合間に子供たちと一緒に楽しみたいと思います。
    『この本、こどもたちのあいだでも、きっと引っ張りだこになりますよ!』
    お子様たちのことばへの興味のきっかけになればと願っています。

お母さんの声

    2019年8月9日更新!

    *小学2年生 宇都宮市 鈴木様*
    先生のきめ細かな御指導で算数大好き。得意科目はと聞かれると笑顔で「算数!」と答える息子です。

    *小学2年生 宇都宮市 内田様*
    なかなか解けない問題でも、あきらめずに考える時間が長くなりました。

    *小学2年生 鹿沼市 小林様*
    ピグマリオンを始めてから、頭の回転が速くなったのか、計算が速くなったなぁと感心しております。

    2019年8月1日更新!

    *年長組 真岡市*
    杉山様毎回楽しくレッスンに参加しています。点描写が得意でスラスラとひとりで描いている姿にビックリです。

    *年長組 宇都宮市*
    地神様毎週、お教室へ行くのを楽しみにしています。他の習い事と違って幼稚園生の娘にとって、楽しみながら学べる環境は娘の力になっております。


    2019年7月6日更新!

    *年中組 下野市 永島様*
    先生にお会いした時に「真っ先に集中して課題に取り組んでいますよ」とお聞きして驚い
    たのと嬉しかったことを覚えています。これからもピグマリオンを好きな気持ちで続けて
    いけたらと思います。

    *年中組 下野市 堀江様*
    家で「お勉強がしたい!」と言って自分がバッグを持って来てパズルやプリントに取り組
    み始めたことにびっくりしました。

    *年中組 宇都宮市 三島様*
    「ねぇママ、今日こんな事習ったんだよ」帰るなり興奮気味に話す娘。家でも自分からプ
    リント問題に取り組む姿を見て成長を感じます。

    *年長組 真岡市 本城谷様*
    日常の中で足し算や引き算の問題が、親との遊びの1つとなりました。簡単な繰り上がり
    の足し算も出来るようになりピグマリオンを始めたことが本人の自信に繋がっているよう
    です。

    2019年7月2日更新!

    *年中組* 那須塩原市 丸山様

    とても楽しんで通っており、帰ってくると今日やったことを嬉しそうに話してくれます。
    皆でいちごを食べていた時に、残ったいちごの個数(8個)をパッとみて1人2個だ!と言った時には、驚きました。多分、頭の中で4皿に分けたのかな・・・。

    *年長組* 大田原市 吉田様

    ひとつひとつを丁寧に教えていただくおかげで、「出来る事」「わかる事」が楽しくなった様子です。以前に比べてとても意欲的にいろんな事に取り組んでいて嬉しいです。

     

メルマガ会員募集中!

    まんてんキッズのメールマガジンをお届けします。

    登録はこちらから。